2013年01月24日

2013年大人気激安Marc By Marc Jacobs新作 Classic Q Francesca Bag トート

マークバイジェイコブス今回は、住宅の断熱性について考えていきたいと思います!エネルギーのあり方が大きな問題としてクローズアップされる中、住宅の世界ではその切り札としてスマートハウスが登場して注目を集めています!しかし、いくらスマートアイテムを搭載したところで、住宅の断熱性能が悪ければ効果は省エネ効果は薄くなってしまいます!つまり、省エネで本当の要となるは断熱性能なのです!ここでは、断熱の基本的な考え方や仕組みなどを中心に考えていきます!住宅全体の熱の3割は開口部から損なわれる住宅の断熱性を左右する窓(開口部)!ペアガラスより断熱性能が高い三重ガラスと木製サッシを採用するハウスメーカーもある(写真はスウェーデンハウス!クリックすると拡大します)住宅では壁や開口部、床下、屋根など様々な場所から熱の移動が行われています!熱が移動するということは、エネルギーを損なうということ!例えば冬場にエアコンを動かすとして、断熱性が低い住宅ほど、エネルギーの効率が悪くなり、電気代を多く使いがちになります!ですから住宅の断熱性は大切になるのです!

2013年大人気激安Marc By Marc Jacobs新作 Classic Q Francesca Bag トート

マークバイジェイコブスmarc jacobs

では住宅の中で、断熱性に注意すべき箇所はどこなのでしょうか!最も熱の移動が発生するのは窓やドアなど開口部であり、住宅全体の約3割を占めるといわれています!ですから、まず開口部の断熱性能を高めることが大切になります!窓の場合、サッシ部分とガラスがポイントになります!以下でポイントをご紹介します!従来、住宅用サッシでは従来、アルミ製が一般的だったのですが、アルミは熱を伝えやすく断熱性能が低いのが問題でした!現在ではその対策として、サッシの室外側と室内側の熱の伝達を絶縁部材で遮断したアルミ断熱サッシ、外側はアルミでも内側は樹脂の断熱サッシ(アルミ樹脂複合サッシ)などがあります!アルミ以外では、より断熱性が高い樹脂部材による樹脂サッシ、木製サッシがありますガラスについては複層ガラスが一般的になりましたね!2枚のガラスの間に中空層を設け、空気やガスを密閉し、断熱性を高めたものです!さらに複層ガラスの内側に特殊な金属膜を入れて放射率を低めた、Low-E複層ガラスといったよりハイレベルなモノも一般化になっています!

マークバイジェイコブス http://www.supermarcjacobsoutletjp.com/

http://www.supermarcjacobsoutletjp.com/

2013年大人気激安Marc By Marc Jacobs新作 Classic Q Francesca Bag トート

マークバイジェイコブスマークバイジェイコブス

充填断熱と外断熱の二つの構法の違いとは?さて、開口部と同様に重要となるのが、躯体の断熱!断熱材にはロックウールやグラスウール、ポリスチレンやウレタンなどの発泡ウレタン系素材、インシュレーションボードは木質繊維系素材などがあります!最近はウレタンフォームなどを吹き付け、より隙間なく施工する方法も注目されています!それぞれに性能や価格が違いますから、断熱工法とともに、施工前にハウスメーカーなどに何を使うか、確認しておきましょう!外断熱工法による施工現場!構造体の外に性能が高い断熱素材「ネオマフォーム」を貼り付けている!また写真上部(天井)には吹き付けによるウレタンフォームの断熱素材が使用されているのがみられる(クリックすると拡大します)さて、断熱工法には大きく「充填断熱工法」と「外(貼り)断熱工法」の2種類があるのですが、住宅の断熱の仕組みを知る上で、まずより一般的な充填断熱工法についてチェックしていこうと思います!充填断熱工法というのは、構造材(柱や梁)の間に断熱素材を入れ込む方法のことをいいます!


posted by 1mygoodwork51 at 14:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。